家族4人で観戦した浜松市の小学6年女児(11)は「すごい迫力だった-ベッドフレーム

NEW ARTICLE新着記事

NEW
高橋銀太郎の目~ラグビーワールドカップ・日本―南アフリカ準々決勝展望- 特集:ラグビーワールドカップ 2019 日本大会:読売新聞
東京都町田市の団地の駐輪場で原付きバイクを盗もうとしたとして

家族4人で観戦した浜松市の小学6年女児(11)は「すごい迫力だった-ベッドフレーム

村の未来を一緒につくる~飯舘村で新たなチャレンジをする人々

飯舘村と関わるきっかけは大学時代のボランティア活動 福島市の出身で、大学への進学をきっかけに東京での…

W杯優勝2度を誇り開幕直前の強化試合で日本に圧勝した南アフリカ

里海里山が育んだ酒の集積地!「奥能登の酒プロジェクト」を支える人たち(前編)

石川県の能登は、日本4大杜氏の一つである「能登杜氏(のととうじ)」を有する有名な酒どころの一つ。しか…

田村が自陣から蹴り上げたハイパントがライン際で南アの選手に捕球され

飯舘村の「暮らしぶり」や「生きざま」をあらわす“までいライフ(MADAY LIFE)” 福島県浜通りの北部に位置…

article 家族4人で観戦した浜松市の小学6年女児(11)は「すごい迫力だった

「サステナブル」で岩手らしい暮らしを家族みんなで考える 岩手県移住交流体験ツアーレポート

持続可能なパーマカルチャーを実践する「ピネムの森」 2泊3日の旅のスタートは盛岡駅。東京駅から盛岡駅ま…

ラーメンでレンゲ使わぬ御嶽海 体調管理が功を奏した
ラグビー・ワールドカップ日本大会のグループリーグは残すところ12試合と佳境に入った

盛岡の日常をアーカイブする。雑誌「てくり」~誌面だけでなくお店もプロデュースする「まちの編集室」とは?~

創刊から14年続く、ローカルメディアとしては老舗の雑誌てくり。しかし、てくりが創刊した当時は主流だっ…

【活動経過報告】「地域とはぐくむ しごとづくり講座 in三重」

7月から始まった「地域とはぐくむ しごとづくり講座 in三重」。 鳥羽市コースと熊野市コースに分かれて進…

クリエイティブな力を社会貢献に。「宝塚大学」が「下駄の水鳥」と取り組む異色の擬人化プロジェクト

お話を伺ったのは、今回の事業でプロデューサーを務めた宝塚大学メディアデザイン分野の渡邉哲意(わたな…

まちづくりの次世代交代づくりに奮闘。若手の受け入れや新規事業に取り組む青森県平内町藤沢地区

地域活動を30年前から始めていた 平内町に地域活動を目的とした「未来創造ひらない塾」が創設されたのは19…

EVENTイベント

開催日:

いいたて未来会議~までいな村の100年後を考える~

連載を最初から…古畑任三郎復活!特設ページはこちら
開催日: -2.2

うすきおためし暮らしモニターツアー第3回~悠々自適?臼杵で暮らす~

開催日: -2.23

山形かわにしであそぶ、まなぶ 大人のインターンシップ2020「ヤハハイロと陶芸体験」

開催日:

那珂川町日帰り体験ツアー第3弾 春の那珂川の「農」「食」「なりわい」

POPULAR ARTICLE人気の記事

PICK UPおすすめ記事

三重県の暮らしと課題を探る~美しい海岸と山をもつ熊野市で地域と人の交流を生み出す「農家ときどきアウトドアガイド」近藤久史さん

世界遺産を有するまち・熊野市 世界遺産である鬼ヶ城、獅子巖(ししいわ)、花の窟(いわや)をはじめ、自…

イングランドこそが世界に広がったラグビーの発信地だという自負を感じさせる

栃木県の東部に位置する人口約17,000人の小さなまち、那珂川町(なかがわまち)。那珂川町の魅力を探るべ…

【動画】大相撲・大露羅トレーニング動画=本人提供

横浜市で行われるイングランド―南アフリカの決勝戦を観戦する

選べる2種類の関わり方! 本講座への関わり方として【コアメンバー】【サポーター】の2種類をご用意してい…

開催日: -2020.1

北茨城から「生きる芸術」を発信する「檻之汰鷲」こと石渡のりおさんが伝えたいこと

東京に生まれ、美術史を学んで音楽の道へ 東京都武蔵野市で生まれ育ち、「マンガが好きなふつうの少年」だ…

2002年に日本代表選手とのプロ契約を始め

東京以外にも、熊野、モンゴル、タイなどに拠点をもち多拠点で「小商い」を作り出しなら暮らす伊藤洋志さ…

LOCAL JOB地域のお仕事

はちきんちゃん 高知県内に夜間中学ができるそうね 三重
募集中

03年のW杯を見据えてチームの若返りを図ろうとした遠征だったが

募集期間: -
青森
募集中

ゆるい時間が流れる田舎で地域資源を活用したプロモーション活動をしませんか【青森県七戸町 地域おこし協力隊 募集要項】

募集期間: 随時
福島
募集中

飯舘村の100年先を考え、自ら行動できる地域プロデューサーを募集

募集期間:
エースの大畑大介(神戸製鋼)がタッチライン際を走って2人を振り切る美しいトライを決めるなど
募集終了

移住受け入れ40年の歴史をもつ色川地区で考える、
住民主体の地域おこし ~地域を知り、人を知り、地域の未来を考える~

募集期間:

KNOW-HOW地域とつながる方法

日常の買い物で毎日のように近所に出かけています

移住を成功に導くためのステップ

あなたにとって移住とは?目的と場所を考える

今回の販売開始前までに約130万枚を売り上げていた

国や自治体は強力な「移住サポーター」

移住へのファーストステップ

「10万個売れればヒット」とされるカプセル玩具で MORE

EDITOR'S VOICE編集部コラム

WHAT'S
COCOLOCOCO?
ココロココとは

「地方と都市を結ぶ」、「ココロとココロをつなぐ」がテーマです

外国出身者は1987年の第1回大会から常に加わっていた

CASESTUDYココロココ活用事例

スペースXの有人宇宙船クルードラゴン=同社提供

記事・WEBサイト・パンフレット制作やイベント開催など様々な方法でお手伝いします(準備中)

ABOUT
PUBLICATION
記事掲載について

地域の魅力をココロココで発信しませんか?お気軽にご相談ください(準備中)

すでにサントリーで系列会社の社長になっていた土田を

MEMBER
INTRODUCTION
メンバー紹介

ココロココなメンバーをご紹介します

itot住みたい町がきっと見つかるitot

さまざまな街の魅力をお伝えし、「行ってみたい」「住んでみたい」街をご案内します

家族4人で観戦した浜松市の小学6年女児(11)は「すごい迫力だった-ベッドフレーム